相続放棄

 

web予約

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

まったく違う「遺産分割協議」と「相続放棄」

父親を亡くした2人の兄妹が相続人で、妹が「相続放棄する」との意思で遺産分割協議書に「全財産を兄に」と記載・捺印した場合、妹は相続放棄をしたことになるでしょうか?


答えは×です。

預貯金や不動産等の「プラスの財産」のみを兄にあげ、亡き父親の借金や固定資産税の未納、光熱費の未払い等の「マイナスの遺産」は、兄妹2人に残ったままです。まず、相続放棄は裁判所での手続きが必要です。また、マイナスの遺産は債権者の承諾が必要で、相続人の間で勝手に遺産分割できません。「遺産分割協議」と「相続放棄」は別のものです。混同しないようにしましょう。

お早めにご相談ください

相続放棄は、被相続人の死後3カ月以内という期限が設けられている点にも注意が必要です。相続放棄について相談したい方、相続放棄の期限が近づいていてお困りの方は、お早めに大阪市阿倍野区の当法務事務所にご相談ください。スピーディーに対応します。
なお、被相続人の死後3ヶ月以上経過していても、相続放棄が可能となる場合もございます。

一方、そもそも相続放棄をした方がいいのか、そうでないのか相続財産が分からないのでどうしようもなく困っている・・・そんな場合もご相談下さい。
当事務所で代理して、相続財産調査をさせて頂きます。財産関係が複雑な場合・3ヶ月の期限ギリギリにご依頼いただいた場合には、「相続放棄期間伸長」という家庭裁判所の申立を行い、3ヶ月を超過しても相続放棄ができるよう行います。


どのようなご状態であっても、決してあきらめず、一度当事務所にご相談下さい。

費用についてはこちら

費用についてはこちら

リンク
  • web予約
  • TEL:0120-021-462 メールでのお問い合わせ

 

web予約

TEL:0120-021-462 メールでのお問い合わせ
友達追加 QRコード
セミナー・個別相談会のお知らせ 事務所実績・お客様の声 採用情報
やなぎ総合法務事務所オフィシャルサイト facebook
空き状況検索 24時間WEB予約 今すぐ確認! メールでのお問い合わせ TEL:0120-021-462