相続について

 

web予約

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

相続について

被相続人(亡くなった人)が残した資産の権利および義務を、相続人が受け継ぐことを相続といいます。
過去の相続が長く放置され、相続人の数が増えた挙句、もめてしまうケースがあります。ほかの司法書士事務所等ではうまくまとまらず困っている方も、ぜひ大阪市阿倍野区の当法務事務所までご相談ください。

相続手続きの流れ

1お問い合わせ

まずはお気軽に大阪市阿倍野区にある当法務事務所の無料相談をご利用ください。

2相続人の確定

被相続人の出生から死亡までの戸籍を取り寄せ、相続人を調査します。被相続人がご高齢の場合や、転籍した回数が多いほど手続きが多くなります。

3相続財産の確定

被相続人(亡くなった方)が残した預貯金や不動産、株券、自動車等の「プラスの財産」および借金等の「マイナスの財産」すべてが相続財産です。これらを調査し、相続財産として確定します。

4遺産分割協議

相続人全員が話し合い、遺産の分割方法を決定します。相続人全員が集合できない場合は、電話や書面でもよいとされています。全員が納得し、合意に至ると遺産分割協議が成立します。全員が納得せず、合意に至らない場合には、調停や裁判手続き等へと移行します。

5遺産分割協議書の作成

遺産分割協議が成立したら、早めに遺産分割協議書を作成しましょう。遺産分割協議書の作成に法的義務はありませんが、預貯金や不動産の名義変更手続の添付書類として必要な場合があります。相続人全員が合意した証として後々のトラブルを防ぐためにも有効です。

6不動産に関する相続登記・名義変更手続き

遺言書や遺産分割協議書の内容に従い、不動産の名義変更等を行います。

7預貯金等に関する名義変更手続き

不動産以外の財産についても、名義変更が必要なものは手続きします。

目的別メニュー

Q&A 遺言と相続について、よくあるお悩み

Q

わが家にはこれといった財産がありません。相続問題は発生しないと思います。

A

相続を「お金持ちだけの問題」と考えている人がいらっしゃいますが、どのご家庭にも起こりうる問題です。遺産相続がもめて裁判に発展する事例は年間12,577件あり、そのうち約73%が資産5,000万円以下の家庭で起きています。
「相続する資産が2種類以上(例:預貯金と自宅、自宅と別不動産)ある」「相続人が2人以上いる」場合は、もめても不思議ではないと思ってください。

Q

数十年も連絡を取っていない弟がいるため、親の死後も相続の手続きが進められません。

A

兄弟姉妹間で数十年も音信不通になっているケースはめずらしくありません。当事務所は、連絡の取れない方の住民票等をお調べします。所在が確認できた後も、ご要望に応じて面会に同行します。手をつくしても行方が分からない場合は、裁判所に失跡宣告や不在者財産管理人選任の申立手続きを行い、相続手続きを進めていきます。

Q

遺言書の代わりに手紙やエンディングノートを使えますか?

A

エンディングノートとは、自分が亡くなった後の持ち物の処分など、気がかりなことや家族に伝えておきたいことを書き残しておくためのノートです。
エンディングノートには遺言のような法的効力はありませんが、役立つこともあります。
そもそも遺言は「資産のスムーズな相続」のほか、遺族の「感情の整理」に効果を発揮します。親の自筆で書かれた内容を、子どもは受け入れやすいものです。口頭では子どもに言えないことを、エンディングノートに残しておくのもよいでしょう。

Q

兄弟でもめないように両親には遺言を書いてもらいたいけど,なかなか言いづらく、両親も抵抗がありそうです。

A

どうしても遺言にご抵抗がある方は、同じような効果をもつものとして「家族信託」という契約の方法を用いて、ご両親に財産を承継する方法もあります。

  • web予約
  • TEL:0120-021-462 メールでのお問い合わせ

 

web予約

TEL:0120-021-462 メールでのお問い合わせ
友達追加 QRコード
セミナー・個別相談会のお知らせ 事務所実績・お客様の声 採用情報
やなぎ総合法務事務所オフィシャルサイト facebook
空き状況検索 24時間WEB予約 今すぐ確認! メールでのお問い合わせ TEL:0120-021-462