web予約

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.04.17更新

2019年4月16日(火)の22:00から放送されました
NHK放送 「クローズアップ現代+」で家族信託が紹介

『親の"おカネ"が使えない!?』という特集の中で、 『家族信託』が紹介されました。

親が亡くなったり、認知症になって判断能力が低下したりして、親の口座から必要なお金を引き出せなくなる人が続出しているという事態。
こうした事態に陥らないために、どんな対策をしておけばいいのか?
親に判断能力があるうちに家族で契約を結び、預金などの名義をあらかじめ書き換えておく「家族信託」という仕組みや、
親が認知症になった後でも活用できる「成年後見制度」について詳しく解説されました。

番組では、
親の認知症が心配な50代のが、今様々なところでされているセミナーに積極的に参加されておられるというご紹介がされました。
弊所主催の家族信託・相続セミナーにおいても、50代・60代の方をはじめ、親世代である70代・80代の方もたくさんの方がお越しになります。

家族信託の仕組みは、実は非常に複雑ですので、セミナーや無料相談を通じて、ご理解を深めて頂くのがおススメです。
ご弊所では年に2回(お盆明け、お正月明け)阿倍野でセミナーを定期開催させて頂いておりますので、
ぜひご活用下さい。

また、TV番組をご覧になられて、自分の場合、ご家族の場合の成年後見・家族信託や認知症リスクと回避方法について詳しく知りたいという方は、
司法書士等の専門家の無料相談をぜひご利用下さい。

弊所でも、家族信託は4年前以上前から取扱いをさせて頂いております。
弊所の特徴としましては、後見・家族信託・不動産・事業等様々なお悩みを含めての総合コンサルティングを行っており、
信託契約書作成はもちろん、不動産の信託登記、必要に応じて税務サポート(提携税理士をご紹介)等一連の手続きをお手伝いさせて頂いております。
初回相談は無料となっておりますので、お気軽に無料相談をご活用下さい。 友だち追加

投稿者: やなぎ総合法務事務所

2019.02.20更新

遺言写真

高齢化社会、相続発生時の配偶者の高齢化、核家族の増加、社会経済情勢の変化に伴い、“紛争予防”と“配偶者保護”のため、法改正の必要性が生じたことから、相続分野においては、平成30年7月6日成立、7月13日公布により、約40年ぶりの大改正がなされました。

原則として、この法律は、平成31年7月1日に施行されますが、中でも、遺言書の方式緩和に関する法律については、先立って平成31年1月13日から施行されます。

なお、もう一方の遺言の中での大きな改正点“自筆証書遺言を法務局へ保管可能とする制度の新設”については、2020年7月10日施行となり、その後約1年半後の開始となります。

改正相続法の目玉である“配偶者の居住の権利”については2020年(元号が変わりますが平成32年)4月1日に施行となります。


では、この自筆証書遺言の方式緩和とはどういったものでしょうか?

そもそも、遺言には、①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言と3つのパターンがあり、
多くは、①自筆証書遺言か ②公証役場で作成する公正証書遺言を作成されておりました。
今回の改正は、この“①自筆証書遺言について”です。

自筆証書遺言というのは、ご自身で遺言を書き、自分で保管するという手軽なものです。しかし、一方で、相続発生時には家庭裁判所の検認手続きを要する点や、ご自身による保管のために紛失される可能性、一部の相続人による改竄・破棄のおそれ、相続発生後に発見してもらえないこと等、色々なデメリットもありました。
また、この自筆証書遺言は、全文自筆で記載する等といった様々な厳格な形式が定められていましたので、この形式を満たさなければ遺言自体が無効となる場合もあり、遺言があるからといって必ずしも相続紛争を回避できるわけではない事例が多く存在し、遺言の普及も進まなかったのです。

そこで、
(ⅰ)自筆証書遺言の形式を緩和し、
(ⅱ)法務局で保管しましょう!というのが、今回の改正点の1つです。

 

この改正点2点を見ていきましょう。

(ⅰ)
自筆証書遺言の形式緩和の改正により、全文自筆である必要性はなくなり、財産目録については、ワープロ等で作成しても良いこととなりました。これにより、財産目録だけでも手書きの煩雑さが減り、記載不備による遺言無効となる危険が減ることになります。
(ⅱ)
改正相続法の下で作成された自筆証書遺言を法務局で保管し、法務局で保管されている遺言書については、相続発生時の家庭裁判所による検認手続きを要しないこととしたのです。

そして、この(ⅰ)自筆証書遺言の形式緩和がいよいよ今年の1月13日から施行ということになります。
なお、(ⅱ)自筆証書遺言の保管制度については、2020年7月10日施行となっております。

 


自筆証書遺言をしておけば安心なのか!?

こうなると、自筆証書遺言を法務局で保管すれば安心なのか・・と思ってしまいがちですが、
当然遺言をしないよりは、した方がよいですが、やはりまだまだ安心できません。

法務局で要式確認され、保管されるということですので、内容については、弁護士・司法書士等の法律系国家資格の保有者ではない、公務員(法務局員)が確認することになります。

これはつまり、遺言の内容については、確認されないということを指しています。
遺言者が思っていることの実現が可能かどうか、不動産については様式を確認いただけるかもしれませんが、その他預金や株式等の記載方法・様式不備については訂正等の指示を頂ける可能性は、さほど高くないと思った方が
よいでしょう。

実現できない無効な遺言となる可能性があるとすると、
さらに紛争が激化されてしてしまうかもしれません。

やはり、改正相続法の下でも、遺言作成の段階で、法律家に
相談した上で、①自筆証書遺言 または ③公正証書遺言の方式を
とられることをお勧めいたします。

法務局

 

友だち追加

投稿者: やなぎ総合法務事務所

2019.01.20更新


本日・昨日と、阿倍野市民学習センターにて恒例の"相続・家族信託セミナー 及び個別無料相談会"を開催させて頂きました。
寒い日が続く中、多くの方に、相続・家族信託セミナーにお越しいただきまして、誠に有難うございます。

今回は、"弁護士、司法書士、税理士、不動産、保険、葬儀"といった様々な視点から、
相続・認知症対策についてご講演をさせて頂きました。


また、セミナー参加者の皆様につきましては、事前の対策の大切さ・色々な対策の方法が存在することをご認識下さり、
特典である無料個別相談をご利用になられたお客様が大半でございました。
個別具体的に、"自分の場合は、今からどういった対策をしておけば良いのか?"大まかにでもお分かりいただき、ご不安を軽減できたのではないかと思います。

今回のセミナー・個別相談を通じて、正しい知識・対策術を持っていただくお手伝いができればうれしく思います。


今回は予定が合わずお越しいただくことが難しかった方も、次回は、2月23日(土)24日(日)に八尾プリズムホールでセミナーを開催させて頂きますので、ご興味のある方はぜひ弊所までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

0120-021-462

セミナー120 弁セミナー 120 司セミナー120 葬儀セミナー 120税理士セミナー120 税理士
セミナー120
セミナー 120空家

友だち追加

投稿者: やなぎ総合法務事務所

2018.12.25更新

お客様各位

 

平素は格別のお引き立てを賜り誠に有難うございます。


誠に勝手ながら左記の期間を冬季休業とさせていただきます。


休業期間中に頂戴したお問い合わせにつきましては、1月4日(金)以降にご対応させていただくことになります。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。


今後とも、ご愛顧賜りますようよろしくお願い致します。

 

[冬季休業]
12月29日(土)~1月3日(木)

なお、1月4日(金)~1月6日(日)につきましては、10:00~18:00を営業時間とさせて頂いておりますので、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

※緊急の際は、直接担当者までご連絡下さいますようお願い申し上げます。

 

 

投稿者: やなぎ総合法務事務所

2018.12.23更新

柳本講演 1223

1.セミナー・無料個別相談会実施
昨日・本日と2日連続で弊所監修の下、
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命株式会社様がご主催にて、大阪駅前第2ビルにございます“うめだ生涯学習センター”にて、“相続・家族信託セミナー”と無料個別相談会を開催させて頂きました。

年末の非常にお忙しくされておられる方も多い中、
ご不安を抱えておられる皆様方には多数のご参加を頂きました。

今回のセミナーでは、
・相続でよくある紛争事例、それに対する備えをどのようにしておくべきか、改正相続法ではどう変わっていくのか・・・
・認知症になったら、どういったリスクがあるのか?、今話題の家族信託って何なのか?
 家族信託でどういったことができるようになるのか?
 ・相続税ってどういう計算をされるのか?、相続税を抑えるために誰もができる対策ってどんなものがあるのか?
 ・認知症ってそもそもどんな病気?、認知症になる前にできる予防法はあるの?、家族が認
知症患者になったときに、どういった生活になるのか?、認知症になったときにかかる介護費用をどうすれば良いのか?

などなど、法律・税務・保険・介護のあらゆる面から、各専門家より、ご講演をさせて頂きました。


2.セミナーご参加のお客様の声
セミナーをお聞きくださいましたお客様の中には、
・相続人って誰があたるのか?
実は一般的には知られていない落とし穴にはまられている方も多くいらっしゃいました。
・“墓地・墓石の購入時期ひとつや現預金を生命保険に変えるだけで、相続税の節税ができる可能性があるなんて・・・”
・“遺言って、亡くなる直前で十分だし、お金のかかることだと思っていたけど、本当に直前
になるまで放置していると遺言ができなくなったり、結果的に時間とお金の節約ができる場合があるなんて、知らなかった・・・”
といった声もございました。

3.まとめ
今回のセミナーを通じて、相続や認知症の正しい理解を深めていただき、
いざ相続や認知症が発生したなったときに慌てず、困らないように、備えていただくことが
大切ですね。

相続対策、認知症対策といえども、
やはり、ご家族間・ご親族間でコミュニケーションを重ね、“将来的に訪れるかもしれない苦難はどういったものなのか?”、これに対する“対応方法を知ること”、その際に、“ご家族方でどういった助け合いをしていけるのか”、その他の“相談先や支援先も見つけていくこと”が、最も大切です。

健康で居られる健康寿命と平均寿命の差が、女性では12年と言われています。
超高齢化社会と言われる世の中の中で、この長い間、一人で苦労を抱えこんでは大変です。
様々な公的サービスや専門家の力も借りながら、乗り越えていけるよう、まずは年末年始のご家族でお集まりいただく機会等がございましたら、是非この機会に“認知症や相続、介護について”、ご家族間でお話合い下さい。

今回のセミナーや個別相談会がそのきっかけとなりましたら、幸いでございます。

4.最後に・・・
今回セミナー・無料個別相談にご参加できなかったお客様へ
次回は、年始1月に“阿倍野市民学習センター”にて、2月に八尾市の“八尾プリズムホール”にて、同様のセミナーを予定しております。
今回ご都合がつかず、お越し頂くことができなかった皆様も、ご興味ございましたら、是非その機会にご参加下さい。
次回以降セミナーについては、本サイトにご掲載もしくは、LINE@にて随時発信して告知させて頂きます。配信ご希望の方は、以下LINE@の友達追加ボタンにてご登録下さい。

友だち追加

 

 

 

投稿者: やなぎ総合法務事務所

2018.09.19更新

第2回 不動産向け信託入門セミナー

先日、第1回目を開催させて頂きましたが、お蔭様で多くの不動産業界の皆様にご参加頂き、熱心に当職の話にご傾聴下さいました。

近年では、NHKや雑誌などの各種メディアで取り上げられていることにより、一般のお客様への認知度が急上昇しております。
弊所でも一般のお客様から「家族信託の相談がしたい」との問い合わせが非常に増えてきております。

そういったお客様のお話をお伺いすると、家族信託・遺言・成年後見を含めた生前対策や相続のご相談が気軽にできる住宅会社・不動産会社様へのご依頼をご検討されておられる傾向にあります。このような背景も受けて、弊所には、特に住宅会社・不動産会社様からの家族信託に関するご質問が増加しているため、今回特別に弊所主催セミナーのお知らせを差し上げました。

以下のようなお客様を持つ住宅会社・不動産会社様にぜひご参加頂きたい内容となっております。
「相続対策に収益不動産の建築を積極的に提案したい不動産会社様」
「認知症対策を検討している不動産オーナー様を持つ不動産会社様」
「介護施設入所後の自宅売却を検討されるお客様を持つ不動産会社様」
「不動産オーナーの次の代との関係性を強固にしたい不動産会社様」

 お忙しいとは存じますが、皆様のお役に立てる内容となっておりますので、是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

なお、全3回のセミナーとなっておりますが、全ての講演で内容は異なっており、全回個別にお申込みが可能なものとなっております。

ご参加をいただける場合は、お手数ですが、別紙のお申し込み用紙にてお申し込みください。


            記
1. セミナー日時・場所
【第二回】 2018年10月1日(月) 18:30~19:30(受付18:00~)
「阿倍野市民学習センター(第1研修室)
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300 あべのベルタ3階」

【第三回】 2018年11月12日(月) 18:30~19:30(受付18:00~)
「阿倍野市民学習センター(第1研修室)
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300 あべのベルタ3階」

2.お申し込み先
※別紙のお申し込み用紙にてお申し込みください

3.お問い合わせ先
やなぎ総合法務事務所
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300 あべのベルタ3階
TEL/FAX:06-6643-8200/06-6643-8201

 

セミナー写真 

投稿者: やなぎ総合法務事務所

2018.08.20更新

やさしい終活勉強会825

誰もが抱えるこれから先の不安。生前対策って何をするの?
それを明確にし、何をどうすべきか自分で決めて準備をすることが「終活」です。

でも、なかなか一人では、
「何から始めたらいいか分からない」
「なかなか始められない」と実行に移せないそんなあなたへ!
終活や法務、税務の経験豊富なプロが「これだけは押さえておきたいポイント」を丁寧にご説明しながら、一緒に終活の準備を始めていきます。

お越しになられた方1人1人サポートができるよう、
今回は、15人限定の勉強会となっております。
全2回でお送りする勉強会の第1回目。
これを機会に、一緒に終活の第一歩を進めて、将来の備えを万全にしていき、
ワクワクしたシニアライフを送りましょう!


【日時】  8月25日(土) 10:00~11:30
      9月1日(土)  10:00~11:30

【会場】  あべのベルタ3階 大阪市阿倍野市民学習センター 第1研修室
      (大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1)

【申込み方法】 電話受付窓口 やなぎ総合法務事務所
0120-021-462 事前予約制
(お電話でお申込み下さい)
 

 

投稿者: やなぎ総合法務事務所

2018.05.05更新

本日、阿倍野市民学習センターにて認知症対策・相続対策セミナーを開催させて頂きました。

GW中であるにもかかわらず、多くの皆様にお越しいただき、大盛況にておけることができました。

お越しくださいました皆様、誠に有難うございました。

 

今回のセミナーでは、弁護士・司法書士・税理士・不動産コンサルティングマスターと様々な専門家の目線から、相続・認知症対策のお話をさせて頂きましたところ、

長時間であるにもかかわらず、皆様非常に熱心にお聞きくださいました。

セミナーで、法律・税務の知識を身につけていただき、多くの解決の糸口を見つけられた方居られたかと思います。

相続・認知症が直面するまでに、お考えいただくよいキッカケとなれれば、幸いです。

 

認知症対策・相続セミナーを終えて

今回のお客様には、様々なお悩み・ご不安を抱えていらっしゃいました。

 

“自分は相続税がかかるのか?”

“110万円の贈与を毎年当然にしていたけど、本当によかったの?どんなところを気をつけるべき?”

“不動産を持っているけど、相続のときには、どんな風に評価されるのか?”

“障害を持っている子が居るけど、長男に相続財産を引き継いでもらいたい。ちゃんと障害を持って居る子の面倒をみてもらえるか不安・・・どうしたらよい?”

“遺留分ってどの程度の額になる?”

“生命保険を活用して、争いにならないようにしようと思っているけど、この方法で本当に大丈夫?”

“夫が認知症になりかけている。認知症になる前に相続対策て何をしたらよいのか”

“15年前に不動産の名義を変えたが、他の相続人が今になって相続分を寄こせといってきている どうしたらよいのか?”

“遺言をしたい。遠方に住んでいる子は不動産はいらないという。収益不動産があり賃借人がいるが。ゆくゆく相続の際に大変そう・・・自分のケースではどういう遺言をつくったらいいのか?”

“相続対策をしたいけど、何から手をつけたら、よいか分からない”

“名義人は意思能力が低下しているかもしれない。名義人は売る気がないけど、親族としては、田舎の実家を売却したい・・どうしたらいい?” 

 

セミナーで解決されることもあろうかと思います。

あるいは個別にご自身のケースではどうしていくのが良いのか・・・ご不明な点・ご質問・日頃からのお悩みなどを解消するために、今回も多くの皆様に個別相談会をご利用いただきました。

皆様も、是非この機会に、専門家の個別相談会をご活用ください。

 

明日は、最終日となりますが、セミナー・個別相談会ともに、実施しております。

ご希望の方は、下記フリーダイヤルまでお問い合わせください。

 

0120-021-462

WEBでの申し込みは以下のから可能です。

個別相談 

 

 

投稿者: やなぎ総合法務事務所

2018.03.27更新

阿倍野郵便局で、弊所司法書士による出張無料相談会を実施します。

お近くにお住まいの方は、日頃のご不安やご心配事がございましたら、TV出演経験のある司法書士がご相談に応じますので、

この機会に是非お越しください。

 

【日時】 

4月16日(月) 9:30~16:30

 

【場所】

阿倍野郵便局
(大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-47-16)

 

 郵便局 相談会

 

 

投稿者: やなぎ総合法務事務所

2018.02.06更新

1.相続セミナー後の雑感

司法書士解説

先週末に大阪の天王寺にあるあべのハルカスにて相続の基本と対策セミナーを開催させていただきました。

大変寒い中、多くの皆様にご来場いただき、誠に有難うございます。

 

主に、大阪市内とこのHPにおいてのみ告知をさせて頂いておりましたが、他府県にお住まいの方等遠方からもお越しくださったお客様もおられました。

主なお客さまは60~70代の方々でしたが、ご家族で仲良くこられた方や、ご両親のために変わってお越しになったご子息、生命保険会社や不動産会社勤務で相続の勉強をされたい方等も居られました。

ご不安・関心をお持ちの方は、こういった専門家のセミナーを活用いただき、少しでも皆様の円満な家族関係維持のお役に立てましたら、幸いでございます。

 

2.相続セミナーでの解説内容

司法書士解説

セミナーにおいては次のようなことのお話をさせて頂きました。

(1)司法書士による解説

①相続案件の現状
②相続人って誰?基礎知識   
③不動産にまつわる相続トラブル 
④トラブル回避のための遺言・遺言のメリット
⑤遺言について言われることベスト3 
⑥遺言書作成の前準備ポイント
⑦遺言必要度チェックこんな方には遺言・遺言型家族信託がおすすめ
⑧最後に・・・(事例紹介)
 

認知症対策や後見制度・家族信託についてのお話も織り交ぜながら、代表司法書士柳本より約60分お話させていただきました。 

 

(2)税務コンサルタントによる解説

①生前にやっておくべき相続税対策
②暦年贈与
③非課税財産
④生命保険契約の確認
⑤配偶者の税額軽減
⑥相続税簡易チェック
(その他税対策についての資料も配布させて頂いております。)

税務コンサルタントの方からは、経験豊富な税務調査の見解より、世間で言われている相続税対策のみでは足りない注意点をお知らせしております。

 

3.特に多かったご相談事例

司法書士解説


今回のセミナーお聞きいただきました中で、特に皆様が強くご関心をお持ちであったご相談内容をお知らせさせて頂きます。

①先祖代々の財産を孫・曽孫の代まで直系血族に引き継いでもらいたい
②認知症にかかる前にしておくべき対策を行いたい 何をすべきか教えてほしい
③相続税の節税・二次相続対策のためにすべきことを教えてほしい

 
今後、こういった多いご相談事例についての解決策を随時更新してまいります。

同じようなご要望・ご不安をお持ちの方は、是非ご覧下さいませ。

 

4.最後に

写真

今回取り上げた問題もそうですが、

“自分ではそれほど問題視していなかったけれども、周囲の知人や親戚・子供達からは、心配されているので漠然と何か対策をしないと・・”と思っていらっしゃる方もおられるかもしれません。

セミナーに参加していただくことによって、初めてご自身やご家族の問題点・不安な点がはっきりと浮かび上がることもあろうかと思います。

 

セミナー後に出てきた不安や疑問に対しては、私共のほうで、一人一人にあったアドバイスをさせていただくことも可能です。

悩みや、将来起こりうる障害・問題点は、人それぞれ異なります。

セミナーを通じて、お客様の悩み・不安な点を明確にし、的確な解決策を共に考えていければと思います。

 

私たちは、今後も定期的にセミナーを開催いたします。

これからもお客様と触れ合う機会をどんどん増やし、少しでも多くの方々に、安心できる生活をお送りいただきたいと考えていますので、今回参加できなかった方も、ぜひセミナーにお越し下さい。

 

また、大人数参加のセミナーは少し苦手だけど、少し不安や聞きたいことがある・・・といった方は、一人でお悩みにならずに、まずは、弊所の無料個別相談をご利用下さい。

 

 

個別相談の受付は以下からご連絡くださいませ。

 

投稿者: やなぎ総合法務事務所

前へ
  • web予約
  • TEL:0120-021-462 メールでのお問い合わせ

 

web予約

TEL:0120-021-462 メールでのお問い合わせ
友達追加 QRコード
セミナー・個別相談会のお知らせ 事務所実績・お客様の声 採用情報
やなぎ総合法務事務所オフィシャルサイト facebook
空き状況検索 24時間WEB予約 今すぐ確認! メールでのお問い合わせ TEL:0120-021-462